着うた基礎.com

HOME 着うた基礎知識 ダウンロード 注意
着うた基礎.com TOP > 着うた基礎知識 キャリアの違い

キャリアの違い

携帯電話の着信音は、1996年に発売されたNTTドコモ「デジタルムーバN103HYPER」に搭載された着信メロディ機能から始まったと言われています。それまで電話の着信音は、一定のパターンを繰り返す電子音のみでしたが、着信メロディが登場したことでその概念は大きく変わりました。その後、着信メロディ配信サイトが人気となり、ユーザーはそれぞれ気に入った着信メロディをダウンロードすることが定着しました。

2002年にauより世界初の着うたサービスが開始されて、2003年にボーダフォン(SoftBank)、2004年にNTTドコモと続いています。これによって多くの携帯電話が着うた対応機器へと切り替わることになります。着うたフルの配信サービスは、2004年にau、2005年にボーダフォン(SoftBank)、NTTドコモの順に開始されて着うたフル対応機種が発売されました。現在販売中の携帯電話は着うた対応機能が標準装備されています。

着うたのダウンロードを行う際、サイトで「対応キャリア」という文字をよく目にすると思いますが、これは携帯電話で利用出来る着うたの拡張子(種類)が各携帯電話によって違うためです。

・NTTドコモ
形式:MP4/3GPP(3gp)
対応機種:700、900シリーズ以降

・au
形式:AMC/3GPP2(3g2)
対応機種と着うたタイプ:A1301S、C5001T以降はamc。A1402S、A5505SA、W11以降は3g2

・SoftBank
形式:MP4/3GPP(3gp)
対応機種:V70x、V80x、V90xなど3G携帯

近年では、いち早く着うたをダウンロードすることが出来るように他キャリアとの差別化を行うなど、携帯電話のキャリア選びや、機種選びの基準のひとつとして、音楽が欠かせないものとなっています。

着うた基礎知識


リスモダン
リスモダンなら医療関係者向けの製品情報サイトで!

ポスター印刷
同人ポスターなら目指せ最安値のディプリーズ 楽天市場店で!